午後

c0071527_14425469.jpg 普段は昼過ぎに出かけて、午後一杯病院に詰めるという生活を始めて、来月で丁度2年になる。その間、「あんた、それしかすることないん?」と、何度自問自答したことか。それでも判でおしたように、M市方面に向かっていた。時間になると、自然に身体が動くという感じで。

 「少しはリラックスしたらは?」という友人たちの声をもろともせず…

 子どもたちが気になるのは勿論だが、正直言って、日中太陽が高いときに部屋に居るのが、何か世間様に申し訳がたたないような気がするのも確かだと思う。貧乏性というか、落ち着きがないというか。

 でも…
 
 いままでも時々あったが、『プツン』と言う感じで、気力がなくなる時期がある。それがいまの私かもしれない。

 なぜかやる気がない。旅行にでも行ってみたい。別に行ってもいいけど、そういうときに限って、用事が詰まっている。特に今週から来週にかけては。


 でも…、と再び。

 ジョンは大変やなー。‘逃げ’を打ちたくてもいまは無理やもんなー。11ヶ月と1歳8ヶ月の子どもたちを、24時間男手一つで面倒をみる。緊張の糸が伸びきって、少しぐらい挙動不審なのも仕方ないか。


 と、いうわけで、『ずる(?)休み』を決めこんだ午後。このまま部屋に落ち着いていられるかなー。
[PR]
by karihaha | 2005-10-18 14:43 | ブログ | Comments(2)
Commented by マイ at 2005-10-20 08:22 x
チェンマイさんこんにちは。
毎日のように全身全霊で子供たちと向き合っているチェンマイさん、
こんなふうに『プツン』となる日があって当然な気がします。
『ずる(?)休み』の午後は落ち着けましたか??心も体もリラックスできましたか??
そうは言ってもどこか常に頭の中に子供たちのことがあるんでしょうね。
Commented by karihaha at 2005-10-21 11:42
>マイさん、いまもどこか『プツン』状態が続いていますが、大丈夫です。ただ、今日のブログにも書きましたが、子どもたちのことを心配し、考えをめぐらせても、結局実際には、ほとんど具体的なことができないんですよね。やろうとしても、セームのようにいく手を障害物にさえぎられたり。ストレス溜まりますよー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 小児病棟から(136) 『特別な子』 再びジョムトンへ >>