2006年 03月 08日 ( 1 )

小児病棟から(174) 職員の矛盾

c0071527_2255094.jpg テンのブタっぷりをブログに載せようかと写真を撮ろうとしたら看護師に注意された。

 「あのー、‘娘’なんですけど?」と抗議(?)するも受け入れられず。

 「婦長がうるさいのよー」と逃げを打とうとする看護師。そうそうあの婦長は、以前にコンピューターを使っていたら、電気代一日50-バーツという途方もない金額を要求してきた人物だ。

 
 この病院の狭い廊下には、通路をさらに狭くするようにコンピューターが置かれ、医師や看護師が真剣に画面と向き合っている、と思いきや、看護師や看護助手の場合は殆どコンピューターゲームに熱中している。その中でも「ソリテリア」は人気のようだ。私もやり始めると止まらないのでその気持は分かる(?)。

 でも問題は、勤務中ということ。それも公衆の面前で堂々と。「看護師は過重勤務なので、いかなる事情があろうと24時間付き添い必須」という『掟』も、ゲームに熱中する職員の姿を見ている目には、説得力が欠けるというよりは、怒りの導火線になる。

 
 テンの病室の前のコンピューターに陣取っていた看護助手が、旅行の記念写真らしきものに見入っていた。すると婦長がその横に座り、2人でなにやら楽しげに話しこんでいる。画面には仏像や、サルの姿。行き先はロップブリかな? ロップブリは、人間の数よりサルの数の方が多いというタイ中部の小都市、というのはどうでもいいことだけど…。

 「勤務中と違うの? その電気代はどうなっているの?」という素朴な疑問はどうでも良くない。写真禁止というルールも、本当はそんな姿を撮られたくないからと違う? 


 看護師の注意の甲斐もなく撮ったテンの写真。次回は『職員たちの矛盾』の証拠写真をお楽しみ(?)に。


注:テンの口に押し込まれたなにやら怪しきものは、哺乳瓶の乳首に綿をつめこみ、テープで貼った、『口封じ』。ゴネる子対策のお助け道具です。イヤー、今日のテンはよくゴネてくれた。「このー(怒)」。
[PR]
by karihaha | 2006-03-08 02:33 | 小児病棟から | Comments(4)